当店は猫カフェです。

■猫カフェとは、猫が居る喫茶店のことです。
■食事はできませんが、猫を見ながらお茶したり、運が良ければ猫を膝上にくつろぐこともできます。
■が、それも猫の機嫌次第。ネコキャバではありません。


平均滞在時間は1時間30分。

■席数は23。
■男女比率は4:6。
■男性一名様でのご利用も多数。


2004年7月、台湾旅行の際に立ち寄った猫カフェ【猫花園】。
こういう店が日本にもあればいいのに…と思ったオーナーが、前例が無い中、手探りで作りました。
※上の写真は、【猫花園】のひとことノート。

■2005年開店。日本初の猫カフェのつもりでしたが、一足先に大阪で【猫の時間】さんがOPEN。
■従って、日本初ではなく、関東初。
■【猫花園】をモデルにしてますが、形態は全く違います。台湾では【日式(日本式)】と呼ばれるスタイル。


当店は時間料金制です(料金は全て税込価格)。

■少し休む程度であれば、300円(20分)。
■のんびりするなら、900〜1,500円前後が目安となります。
■お得なパック料金も用意。


希望の方のみに提供しているオプション・メニューです。
※ワンドリンク制ではありません。

■ドリンク各種
 200〜500円
■地元産手作りシロップによる、本物ジンジャーエール。
□問屋街で選び抜いた梅昆布茶。
□確かな品質のヴァンホーテンココアなど。
■フリードリンク
 350円
■ドリンクサーバー飲み放題のオプション。
□HOT5種+COLD6種。
■猫おやつ
 300円
■誰でも猫にモテモテになる、最終兵器。
□1日限定8名様まで。

■毎月第一金曜日&第三土曜日は、タロット占いが出来るお客さんが遊びに来ています。

■滞在時間は、16:00-20:00
■占いの様子はこちらを参照してください。他にもココとかココとかココとか。
■ご希望の方は、スタッフか占い師さん本人に声をかけて下さい。料金などはこちらを。
■時間指定でお願いしたい方は、こちらから予約メールをどうぞ

■毎月第一金曜日は、 アロマ・ハーブ・フラワーエッセンスの講師さんが遊びに来ています。

■滞在時間は、16:00-20:00
■詳しくはこちらを参照してください。
■時間指定でお願いしたい方は、こちらから予約メールをどうぞ



■カメラ撮影自由。
■撮影写真の利用自由(ネット・印刷物等)。
■写真データの提供歓迎。

■猫おもちゃ持込自由 (市販品未開封限定。入店時、スタッフにお申し出ください。要注意の猫が居ます)。
■食べ物持込自由 (お飲み物はご遠慮ください)。
■差し入れ自由 (但し、必ずスタッフにお渡しください。猫の健康管理のため)。


■フラッシュ禁止。
■飲酒喫煙禁止。
■他のお客様の迷惑になる行為禁止。

■猫が嫌がる行為も禁止ですが、何が駄目か、初心者の方には判りづらいと思います。
■その場合はスタッフがそっと教えますので、指示に従ってください。
■スタッフの指示に従って頂けない場合、退店して頂く事がございます。



大きな地図で見る

■【+】ボタンでズーム。上下左右ボタンでカメラ回転。
■写真には10猫が写っていますが、在籍猫は17。残りは撮影に驚いて隠れたようです。

店舗情報

■猫01:茶太狼

ねこのみせに君臨するリーダー。
スマートで賢く、面倒見も良いが、人間にはそっけない。

■猫02:ヴィクトリカ

愛妻:茶太狼を裏で支える影のボス。
女好きなのがタマにキズ。

■猫03:白玉

おやつ魔獣。
普段は大人しいが、おやつが出ると本性を現す。

■猫04:にしん

初代アイドル。
プリティフェイスの人気猫で、白玉の弟。可愛い鳴き声で店内を惑わす。

■猫05:小梅

地味に人気のサビ猫。
ブサイクな声。喧嘩腰な態度。
しかし、撫でると愛嬌たっぷり。

■猫06:小夏

膝乗り猫。
姉:小梅のとばっちりを食らって他の猫にいじめられる。
安全地帯は貴方の膝上。

■猫07:シャルロッテ

抱っこすれば嫌がり、撫でれば気怠そうに一瞥をくれる姫猫。
庶民には優しい。

■猫08:ポルテ

短足折れ耳の2代目アイドル。
ポテポテ歩く姿と、ちっちゃな手足でファンが多い。

■猫11:うき=ゴルバチョフ

ロシアンマフィア。
どう見ても何人か殺してそうだが、実は滅多に怒らない温厚長者。
にしんとシャルロッテの息子。

■猫13:シェーブル

茶太狼とヴィクトリカの息子。
脳天気で、尻尾の付け根をポンポンすると喜ぶ。

■猫21:ポッキー

無闇に人懐っこい3代目アイドル。
人間が大好物らしく、よく味見する。

■猫22:すし

こぐま。クマー。仔猫大好き。しかし育てた仔猫は、皆旅立ってしまう悲運のこぐま。

■猫40:あがり

キャバ嬢。
この店の覇権を奪うべく、日々営業に勤しんでいる。

■猫49:マイク

キャバ嬢息子。
【大きい=正義】と勘違いしており、ボス猫にも無礼を働く。

■猫50:エレクトラ

通称:とらこ。
【可愛い子猫】のポジションをよつばに取られ、【かまって猫】に芸風を変えた。

■猫51:水雲

もじゃみ。
もじゃもじゃ。

■猫53:よつば

かじり虫。
小さい頃から店で育てられてるので、無闇に人懐っこい。猫より人が好き。